年を取ると射精の勢いがなくなるのはナゼ?

年を取ると射精の勢いがなくなるのはナゼ?

 

 

男性なら、「射精の勢い」と「快感度」「満足感」が比例することは理解されていることかと思います。

 

 

ただ、年齢を重ねるほどに、「セックスやオナニーをしても、若いころのような痺れるような快感はなくなってしまった・・・」と嘆いている人もいるかもしれません。

 

 

それには、年を取ることで衰えた射精力が関係しています。

 

 

射精力とはすなわち精液の量です。

 

 

ではなぜ、年を取ると精液量が減り、射精の勢いがなくなってしまうのでしょうか?

 

 

 

射精の勢いがなくなる3つの原因

 

第一の原因は、肉体的な衰えにあります。

 

 

男性は加齢によってテストステロンという男性ホルモンの分泌量が減ってきます。

 

 

テストステロンは男らしい筋肉質の体や、男性的な闘争心などを司るホルモンで、その分泌力が精子の生産力に影響しているのですね。

 

 

さらにテストステロンは精力と性欲、勃起力の源でもあるので、年齢によって男性機能全体が下降線をたどるのもこのためです。

 

 

第二の原因も肉体的な衰えで、筋肉量の減少に関係しています。

 

 

射精するときには、括約筋の一種「球海綿体筋(きゅうかいめんたいきん)」(別名 BC筋)が収縮して精子を勢いよく発射しています。

 

 

陰嚢と肛門の間に位置するこの括約筋がおとろえて緩むと、射精の勢いも失われてしまうのです。

 

 

高齢男性のオシッコの切れが悪くなるのも、これと同じ理由によるものです。

 

 

 

 

そして、第三の原因は、年とともにセックスやオナニーの回数が減ることです。

 

 

射精の頻度が落ちることで、睾丸は精子を作るのを休んでしまいます。

 

 

厳密に言うと、作られないわけではないものの、生産しても使われないと処分されてしまうのです。

 

 

精子の寿命は3日から1週間ほどで、その後、精子を貯めておく精嚢(せいのう)の中で死んでしまい、最終的に体内に吸収されます。

 

 

こういった状態が長く続くと、人間の脳は「あぁ、作っても使われる予定がないんだな」と判断して、生産量を徐々に減らしていくことになるのです。

 

 

逆に、若いころのようにどんどん射精していると、精子の生産工場である睾丸はフル稼働します。

 

 

 

射精量を増やすためのカキエキスサプリ

 

以上のような理由から、射精量と勢いは年齢とともにどうしても減るものです。

 

 

精子の生産ピークは35歳とも言われているので、中高年以降の男性なら「けっこう減っちゃったかも・・・」と実感している人も多いかもしれません。

 

 

しかし、あきらめたくない!気持ちのいい射精感を取り戻したい!という男性もいるのでは?

 

 

そこで、射精量を増やすための有効な手段として、おすすめしたいのがカキエキスサプリです。

 

 

栄養面から見ると、精子の材料となると同時に、その合成にもかかわるミネラルが亜鉛

 

 

合成とは、食事から摂った栄養素を精子細胞に変える働きのことです。

 

 

その亜鉛をもっとも多く含有する食材がカキなのですね。

 

 

牡蠣エキスサプリは、その名のとおり、濃縮された天然生牡蠣からとれたエキスのみでできた男性用サプリメントです。

 

 

健康サプリとして売られているものの、男性にとっては絶好のドバドバサプリでもあります。

 

 

さらには、中高年にうれしいグリコーゲンやタウリンなどの滋養強壮成分もたっぷりなので、総合的な元気のなさや疲労からの回復にも役立つはずですよ。

 

 

 

亜鉛たっぷり!濃縮牡蠣エキス★海乳EX

 

 

人気の関連記事

 

本当に大きくなる!おすすめペニス増大サプリランキング

 

 

最強の増大サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

100万個以上売れている増大サプリ【ペニトリンマックス】はここが違う!

 

 

女性が望む男性のペニスサイズって何センチ?

 

 

 

 

実力派を厳選 ペニス増大サプリランキング!

当サイト人気ナンバーワン増大サプリ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 増大サプリランキング 最強の増大サプリ! ちんトレ サイトマップ