男性の更年期障害は徐々に進行するので判断しにくい

男性の更年期障害は徐々に進行するので判断しにくい

 

男性にも更年期があることはよく知られるようになりました。

 

 

ただ、男性の更年期障害は徐々に進行するので判断しにくい面があります。

 

 

そのため、心身の変化があっても更年期のためだと気づかなかったり、ということがよくあります。

 

 

 

更年期が始まる時期は男女で異なる

 

男性と女性とでは、加齢が進むにつれて起こる更年期障害の症状は同じでも、起こる時期が異なります。

 

 

女性は40代の後半以降になって、閉経を迎えると、徐々に更年期障害の障害が顕著に出てきます。

 

 

閉経というはっきりしたイベントがあるため、女性本人もその症状に気付くので治療や対処もできます。

 

 

一方で男性の場合、更年期障害のスタートは女性のプラス10歳と言われていて、55歳から65歳のあいだだとされています。

 

 

 

少しづつ変化が起こるのが男性更年期の特徴

 

ただし、その年齢になったから一気に症状が表れるというのではなく、女性以上に少しづつ変化が起こるのが男性更年期の特徴です。

 

 

男性の更年期障害は女性とは異なり、症状が継続して出なかったり、進行度がとても遅いので、なかなか自分でも気づかないし周りも気付きにくいものです。

 

 

事実、周りの男性に「更年期障害で困っている」と直接聞くことは少ないはずです。

 

 

これは、男性本人に症状が出ていても、自分自身で更年期障害だと気付かないし、思えないからです。

 

 

たとえば

 

・仕事をしていれば多少の疲れや悩みは出るもの

 

・やる気が出ないけれど一時的なものに違いない

 

などと考え、問題ないと決め込む男性は多いもの、それは更年期の症状かもしれないということになります。

 

 

 

男性更年期障害の症状

 

男性更年期障害の正式な名称は、「加齢男性性腺機能低下症候群」(late-onset hypogonadism:LOH症候群)。

 

 

加齢により男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が減ることで起こります。

 

 

症状としては、女性と同じで発汗やほてりがあったり、生殖器の能力減退も起こります。

 

 

ED(勃起不全)は、ご存知のとおり代表的な症状でしょう。

 

 

凄く疲れやすいとか、凄く怒りっぽくなったなど、肉体的な症状と精神的な症状があります。

 

 

 

自分にも起こりうると認識しておくことが大切

 

女性と同様に、男性も加齢と共にホルモンバランスが変化してきますから、必ず何かしらの症状が出てるはずです。

 

 

それでも、男性更年期だと気づく自信がない場合はどうすべきか?

 

 

会社や個人で受ける定期健康診断を活用しましょう。

 

 

健康診断で記入するアンケートや、医師との問診などで“日常における自分自身の変化”を伝えるように心掛けるべきです。

 

 

日常的に体調不良がどのように起こっているのか?前回の検診時となにが違うか?が記録で残ることで、医師も診断がしやすくなり、適切なアドバイスをもらえるでしょう。

 

 

更年期の症状はそのまま放置していると、仕事でもプライベートでも悪影響が出るものです。

 

 

まずは、「男性の自分でも更年期障害が出る可能性がある」と認識しておくことが大切です。

 

 

人気の関連記事

 

本当に大きくなる!おすすめペニス増大サプリランキング

 

 

最強の増大サプリ【ヴィトックスα】を徹底解説!

 

 

100万個以上売れている増大サプリ【ペニトリンマックス】はここが違う!

 

 

女性が望む男性のペニスサイズって何センチ?

 

 

 

 

実力派を厳選 ペニス増大サプリランキング!

当サイト人気ナンバーワン増大サプリ!


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 増大サプリランキング 最強の増大サプリ! ちんトレ サイトマップ